MENU

結婚記念日のお祝い

結婚記念日とは、夫婦の記念日です。入籍した日を結婚記念日と言い、昔は夫から妻へ贈り物をしていたようですが、今ではお互いがパートナーに日ごろの感謝と愛を込めてお祝いします。また、子どもたちが大きくなってくると、ご両親の結婚祝いを祝ってくれる家庭もあるようです。結婚記念日には年数ごとに名称がます。その名前にちなんだ贈り物を贈ります。これは西洋文化だそうですが、日本でもこれをもとにお祝いをするようになってきたそうです。

一年目の紙婚式から始まります。紙婚式には手帳やアルバムなど、二年目の綿婚式はハンカチやネクタイなど綿製品、三年目の革婚式は財布やバッグ、キーケースなど、四年目の花婚式・書籍婚式は花束や苗、書籍など、五年目の木婚式は箸、木工品、となっていきます。それ以降は六年目が鉄婚式・砂糖婚式で鉄製のランプやキッチン用品、お菓子が贈られます。七年目は銅婚式・毛織物式で銅製品の鍋やマフラー、ひざかけなどですね。八年目は青銅婚式、いまどき青銅を探すのは難しく別名電気器具婚式、ゴム婚式ともいうそうです。電気器具は結婚八年目にもなると、ガタがくるものが出てきますし、生活の中で必需品を買うといいでしょうね。ゴム婚式にちなんだものは…タイヤ?シリコンゴムの製品などでしょうか?九年目は陶器婚式、陶器の食器や陶器の置物を贈ります。十年目になると、錫婚式・アルミ婚式と呼ばれます。ヤカンや鍋、アクセサリーをおくります。また、十年の記念にスイートテンダイヤモンドもよく贈られるプレゼントでしょう。

25年目の銀婚式と50年目の金婚式は、身内や知人、友人とお祝いをする方もいます。招待された場合何を贈れば喜ばれるでしょうか?名前入りのグラスやお酒、お箸、銀食器や金箔をあしらった品や、ブリザーブドフラワーもいいでしょう。もし、結婚当時の写真を持っているなら、それを一枚だけ貼ったアルバムをプレゼントするのもいいでしょう。結婚して年月が経てば、二人のアルバムから家族のアルバムに変わり、二人だけで写した写真は少なくなっているかもしれませんが、これを機に二人で今までを振り返りながら、一枚ずつ写真を足していく、そんな楽しい時間を過ごすことが出来るかもしれません。

リンク

日産の中古車 探すなら

日産オートワン